■プロフィール

eggegg

Author:eggegg
日々のこと、ハンドメイド作品の事を思いのままに綴ってます。
最近はインスタグラム記事のシェアが主になります。

旧ブログはこちら「チクチク日記」
こちらも

■イベントのお知らせ

++WSのお知らせ++
☆クラフトハートトーカイ北本店 
こぎん刺し体験会 ブローチ制作 
第3火曜日10:30~12:30
講習料(材料費込):1000円 

こぎん刺し小物講習会
第3火曜日10:30~12:00
講習料:1620円  材料費:別途
場所:北本店 
お申込み いずれも トーカイ北本店へ 
048-590-1152

☆cafeちくぱく企画 
こぎん刺しワークショップ
 2017年5月25日(木)10:00~12:00
内容:いくつかご用意した中から選択いただきます。
ご希望があれば事前にお伝えください。
場所:cafeちくぱく
会費: 2000円 
(講習費・材料費・ランチ・デザート・ドリンク込)

お申込み・お問い合わせは 
cafeちくぱくさんへ
満席です

来月以降はcafeちくぱくさんにお問い合わせください。

++参加します++






■委託shop
■FaceBook
■eggegg twitter
■画像ギャラリー



■最新記事
■カレンダー

■最新コメント
■カテゴリ
■お気に入りブログ

■メールフォーム

■カウンター

アクセス数
現在の閲覧者数:

■アクセスマップ


ジオターゲティング

■QRコード

QR

■検索フォーム

見送りを終えて
外は春の嵐です。
今年は春らしい穏やかな日が少ないような気がします。

プライベートがあまりにもあわただしく
ところどころ記憶が飛んでいるような日々を過ごしてきたせいかもしれませんが。

こちらのブログではプライベート記事はあまり書かないのですが
あまりにも活動休止状態が続いていた理由でもあるので少々書かせていただきます。

+++

長い間前立腺癌と共生していた父と
一昨年11月に胃癌の告知を受けた母が近くに転居を決めて
入院、手術、通院となり付き添いや
ふたりではなかなかできない日常の事を近くで、
そして時には距離を置いてサポートしてきました。

二人で基本的な生活はできていたので
ハンドメイドもそう影響されることなくできていたのですが
2015年が明けて父が食事を摂れたり摂れなかったりといった状態に、
また母が転倒により人工股関節置換手術となり二人同日入院になったりで
本格的にサポートするようになりました。

ただ、日常の生活をサポートしていただける
施設に入っていたので介護全般はお願いでき
自分の時間もそれなりに持てていたのですが
先日のイベント参加直後に母の様子に変化があり入院、
その直後父が全く食事が摂れないと二人が
ほぼ同時に重篤な状態になりました。

その間も様々なことがありましたが
在宅緩和ケアを望む父は自宅代わりの施設で
急な様態変化のあった母な緊急搬送で大学病院と
予断を許さない状況の両親がそれぞれの場所で治療を
受けることになり家を一度出るとそれぞれを往復する日々となりました。

結果、先日母が深夜に大学病院で息を引き取り
父がその25時間後に施設で追いかけるように息をひきとりました。
ぎりぎりのところで二人一緒の葬儀となり
二人一緒に並んですべての儀式が執り行われました。
火葬炉にふたり並んで入っていく様は奇跡とも思えました。

特別仲の良い両親とは思えませんでしたが
こうした運命の二人だったのかと思うと
感慨深いものがありました。

母の死を知らせてからの25時間、
父は必至で後を追いたがっているような気がしました。
思わず「お父さん、早く逝かないとお母さん一人で行くようになっちゃうよ」
と「せかした」娘は悪い娘だったかもですが・・・
頑張ってと孤独な生を望むよりも母と一緒に逝くことのほうが
父にとって幸せな人生だと思えたから。

それまで痛みを訴えなかった父が
「胸がざわざわする」と初めて訴えたのも母の死を知った数時間後でした。
母の死を知らせないという選択もありましたが
母が苦痛から解放されたことを知らせるほうが
父にとって良いのではと皆で
思ってのことでした。
一緒に逝けたことを思うとよかったと思っています。

まだまだやることがいっぱいで悲しむ余裕もありませんが
二つ並んだ遺影を見ると
二人一緒で良かったね、とそればかり。

子孝行な最後でした。

+++

ハンドメイドに取り掛かれるのはまだしばらく先になるかと思いますが
また再会できた時には皆様よろしくお願いいたします m(__)m



スポンサーサイト


未分類 | 23:21:56 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
いろいろ大変でしたね。
ご無沙汰しています。
時々ブログを訪問していましたが、今日読んでびっくりしました。一度にご両親をとは。いろいろお忙しかった事でしょう。お辛い事だと思いますが一緒にご葬儀が出来たのがせめてもの救いですね。
ご両親のご冥福をお祈りいたします。
これからも何かとお忙しくなると思いますので無理なさらぬようにお体に気を付けてください。
2015-04-24 金 13:26:42 | URL | いしけい [編集]
コメントありがとうございました。
とってもお返事が遅くなってしまいました m(__)m
思ってもみない結果になってしまいましたが
なんとか三人兄弟でやってます。
いしけいさんはお父様の時は御一人で大変でしたね。
はやく落ち着いた日々を過ごしたいものです。
いつもお心づかい感謝しています。
2015-05-25 月 19:03:56 | URL | いしけいさん [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ