■プロフィール

eggegg

Author:eggegg
日々のこと、ハンドメイド作品の事を思いのままに綴ってます。
最近はインスタグラム記事のシェアが主になります。

旧ブログはこちら「チクチク日記」
こちらも

■イベントのお知らせ

++WSのお知らせ++
☆クラフトハートトーカイ北本店 
こぎん刺し体験会 ブローチ制作 
第3火曜日10:30~12:30
講習料(材料費込):1000円 

こぎん刺し小物講習会
第3火曜日10:30~12:00
講習料:1620円  材料費:別途
場所:北本店 
お申込み いずれも トーカイ北本店へ 
048-590-1152

☆cafeちくぱく企画 
こぎん刺しワークショップ
 2017年5月25日(木)10:00~12:00
内容:いくつかご用意した中から選択いただきます。
ご希望があれば事前にお伝えください。
場所:cafeちくぱく
会費: 2000円 
(講習費・材料費・ランチ・デザート・ドリンク込)

お申込み・お問い合わせは 
cafeちくぱくさんへ
満席です

来月以降はcafeちくぱくさんにお問い合わせください。

++参加します++






■委託shop
■FaceBook
■eggegg twitter
■画像ギャラリー



■最新記事
■カレンダー

■最新コメント
■カテゴリ
■お気に入りブログ

■メールフォーム

■カウンター

アクセス数
現在の閲覧者数:

■アクセスマップ


ジオターゲティング

■QRコード

QR

■検索フォーム

ガマ2 そしてお願い

なんだか本当に気力がわかないのはなぜでしょうか・・・
被災したわけではなく生活もそれなりに依然と変わらず出来ているのに・・・


+++


そんな気持ちを少しでも払しょくしようと元気な『赤』で
「けいさん」にほめられていい調子でガマ口2の製作です。



(型紙 Love*Lemoned*さん)
USAコットン30’フィードサックの復刻版のレトロ柄のミシンパッチ。
やっぱりこちらの布、パッチワークがかわいい 
(豚君は接近しすぎですが押さえ担当なので・・・)



お口をア~~ン。
内布も思いきっり明るく。
やはり10cmの口金は完成すると迫力ありますね。


大きさの目安として・・携帯電話をパクッ 
結構な収納です。



昨日のガマ口とは全く違った感じですがなかなか楽しくなってきました。
口金の追加もポチっとしたので今後も作っていきましょう。


+++


こうして気持ちを  してみるものの
たび重なる大きな余震に再び不安感MAXで  
いや~困ったものですわ。

被災地の方々をワタシ達が経済的に支えることが大切だとも聞きますが
せめて被災地方面の会社からネットでお買い物をするくらいしか出来ないワタシです。


 +++


ここから先は少々なが~いお願いです。
興味のある方のみお読みください。

『手作り市in武蔵野の丘』のイラストでおなじみのshiyohさん
ブログで下記のお願がありました。
転載でのご紹介です。


<お願い>


【ウィッグ&ケア帽子のご提供と分配ボランティアをお願いできませんか?】


3月11日に発生した東日本大震災により、たくさんの皆さんが亡くなられました。
被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。


このたび有志一同で、被災地にいらっしゃるがん患者さんの必要な物資支援をする
「One Worldプロジェクト」を立ち上げました。

被災地では、ウィッグが手元にない状態で避難所で過ごす患者さんや、避難所に居づ
らく自宅避難をされている方もいらっしゃいます。寒さや衛生状態が悪さから、リン
パ浮腫が悪化
している患者さんもいます。乳がん患者さん専用の下着も不足しています。


リンパ浮腫用のケア用品と専用下着に関しては、日本対がん協会様からのご支援を受
け、まとまった数を東北へお送りすることができる運びとなりました。
支援の要請に快く応じてくださった日本対がん協会の皆さまに心から感謝致します。


しかしウィッグや帽子を購入する費用は足りません。ぜひ皆さんからの温かいご支援
をお願いしたいと思っております。
皆さまの手元に使わなくなったウィッグやケア帽子がございましたら、
ご提供をお願いできないでしょうか。


何卒ご協力のほどよろしくお願い致します。



※なお、ご送付頂いた物資の一覧、送付状況はブログにて紹介をし、御礼にかえさせて頂きます。
http://j-can.blogspot.com/2011/04/blog-post_9136.html



<One Worldプロジェクト有志一同>
佐治重衡先生(埼玉医科大学国際医療センター 腫瘍内科)
谷野裕一先生(公立那賀病院 乳腺呼吸器外科医長)
桜井なおみ(NPO法人HOPEプロジェクト代表・乳がんサバイバー)
寺田真由美(KMaCS代表・乳がんサバイバー)
三好綾(NPO法人がんサポートかごしま理事長・乳がんサバイバー)


・協賛 公益財団法人日本対がん協会

■ご提供頂いた品の提供先について
頂いた品については、One Worldプロジェクトのメンバーが責任を持って、
宮城県の東北大学病院薬剤部宛(北村奈央子さん)に送付させて頂きます。
そちらの医療スタッフの皆さんから東北大学ほか県内の避難所数か所、石巻赤十字病
院、東北厚生年金病院、福島県いわき市内の病院等に送らせていただき、必要とされ
ている患者さんへ手渡しして頂きます。


■送付頂く品について
※ウィッグのご提供について
使用済みの場合、お手入れをして頂き、可能な範囲で使える状態にされている品をご
提供頂けますと幸いです。
※ケア帽子のご提供について
できましたら新しいものをご提供頂けますと幸いです。使用済みの場合は、クリーニ
ング・洗濯等をしていただき、気持ちよく使える状態にされている品をご提供頂けま
すと幸いです。


■ご送付について
ご協力いただける方は、以下の住所にご送付頂けますようお願い致します。大変恐縮
ですが送料はご負担頂けますようお願い致します。
★送付時に、品物名と個数を書いた用紙を同封して頂けると助かります。


送付先
〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン13F
公益財団法人日本対がん協会内 是澤様・岩沢様宛 One Worldプロジェク

問合せ先:TEL:03-5218-4771
メール:1WPro2011@gmail.com


■送付締切日
第1次締切日:平成23年4月16日(土)※必着!


***********************


また集まった品を仕分け&梱包&発送の
お手伝いを頂けるボランティアを募集します。

何卒ご協力のほどよろしくお願い致します。


■日時平成23年4月17日(日) 12時~15時


■集合場所:日本対がん協会 会議室
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン13F
http://www.jcancer.jp/association/access/
当日連絡先:090-1114-8328(岩沢)


■ボランティア内容
被災地に届ける商品の仕分け、梱包のお手伝い

■募集人数
十数名(各日)


■交通費等
ボランティア場所までの交通費等は各自負担となりますので、ご了承ください。


■ボランティア申し込み方法
申込先:1WPro2011@gmail.com
件名に[ボランティア希望]と書いて、本文に【氏名、年齢、住所、電話番号(必ず
連絡がつく番号)、メールアドレス、ボランティア可能な日時】をご記入のうえ、お
申し込み下さい。
※たくさんのお申し込みを頂いた場合は、お断りする場合もございますのでご了承く
ださい。


+++


以上問い合わせなどは上記の方々へお願いします。
あまり日程に余裕がありませんがご協力出来る方はお願いします。
様々な被災者がいます。
出来ることからの支援、今後もつづけていきたいですね。


 

スポンサーサイト


チクチクもの | 18:54:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ